Tokyo Doyu Forum Ota-Chapter - 東京中小企業家同友会 大田支部 –

大田支部について

  • HOME »
  • 大田支部について

一般社団法人東京中小企業家同友会大田支部へようこそ

『中小企業といえば大田区』と言われるほど、東京都大田区は全国でも有名な中小企業のメッカ。地元に根付いた工場や企業が多く経営精神の熱い地域です。この土壌を持つ大田支部は、同友会の中でも特にイベント活動や交流が多く元気で活気ある支部です。会員の年齢もさまざま。設立まもないベンチャーから、2代目3代目と歴史ある企業や上場企業の経営者もいます。勿論、社員でも参加可!です。

会での真剣な取り組みや交流を通し、互いの会社や家族ぐるみの仲間作り、本音で語れる同士作りを大切にしています。

大田支部の活動は?

大きく分けると、月1回の支部全体で取り組む例会(講演会・セッション等)と、支部をさらにエリアごとに分割したブロック会、さまざまなテーマを持って研究追求する部会や同好会があります。
静岡同友会御殿場支部とは、御殿場支部が昭和60年7月に設立総会を開催した際に、大田支部支部会員(株)サヤカ 猿渡盛之氏が記念講演を行ったことをご縁に、その後互いの支部総会に支部長が来賓参加を続けるなど地域を超えた交流の歴史があります。

支部の組織構成について

活動をサポートするために運営委員会が構成されています。支部長・ブロック長・委員長を柱に一般社団法人東京中小企業家同友会事務局と連携し運営されます。会を作るのもサポートするのも参加するのも会員が構築します。

組織図

こんな方は、この会をお勧めします!

よくある質問疑問にお答えします。

大田支部に入会したら、まず…
中小企業家同友会の全てが分かる新入会員フォローオリエンテーションに参加しましょう!
定期的に仲間と交流したい方は…
委員会が企画を練った月1回の支部全体の例会月支部例会はとてもためになります。
自社の経営に悩んでいたら…
その名もズバリ、「実践・経営指針の会」に行ってみましょう!
人材育育成や社員教育にお悩みの方は…
おすすめは「社員の心に火をつけて明るく元気な社風を創る会(FIRE)」です!
企業と教育現場・学生の結び付きを強めたい方は…
「立正大学」や「都立高専」との産学交流による「産学交流委員会」への参加は意義ある活動です。
大田区から世界経済進出を企んでるなら…
力をつけてきております、「21研(21大田中小企業政策研究会)」は必見!
たまには遊びでストレス発散したいなら…
「親睦委員会」があります。委員会以外にも、ゴルフ・テニス・運動会、ゴスペルチャレンジャーなど気楽に交流するサークルがあります。
大田支部のことを定期的に知りたいなら
「広報委員会」で機関紙『おおたの同友』を編集しています。定期的に届くので活動報告や告知事項は目を通しましょう!このホームページは「ホームページ委員会」が制作しています。委員会に参加されモノ作りを体験するのも楽しいですよ!
その他、仲間を募って何か経営研究を深めたいという方は…
DO IT YOURSELF! あなたが作る同友会活動。同友会という場所を使ってやってみたいこと、何かあったら発起人になってください!

支部長ご挨拶

島村亮

 令和2年4月より大田支部長を拝命することとなりました、株式会社ルミナスの島村 亮です。
新体制では株式会社MSプラネット 赤澤様、株式会社井上製作所 井上様、株式会社芝橋 渡辺様、寺嶋社会保険労務士法人 寺嶋様、株式会社アートピース 新井様。以上の5名の方々に副支部長をお引き受けいただきました。少なくともこれから2年間、お付き合いいただくこととなりますので何卒よろしくお願い致します。

 まずは感謝の気持ちをお伝えさせてください。私は約20年にわたり東京中小企業家同友会大田支部で学ばさせていただいております。大田支部では多くの会員企業様がここに集まり、情報を発信し、また共有しながらアイディアをいただいたり、不安を解消したり、背中を押してもらったりと、長年にわたり我々中小企業経営者にとっての学びの場が作られてきました。このことをすべての同友会会員様に感謝申し上げます。
私はこの文化がこれからも長く承継されるように短い間ではありますが、そして甚だ微力ではありますが精いっぱい力を注いでいきたいと思っています。

 さて、本年度の支部方針ですが、久しぶりに会勢拡大「会員数200名」を方針に掲げたいと思います。有倉前支部長のもと、しばらく続いていた会員数の減少傾向に歯止めをかけるため支部内の活動の充実を図ってまいりました。会員数も約180名となり、大きな成果をあげられたことは大変喜ばしいことでありました。今年は更に一層の充実と活性化を目指し大田支部を盛り上げていくことになります。実践・経営指針の会、LABO部会、製造部会、立正大学産学交流委員会、都立高専交流委員会、FIRE部会、大森・蒲田・リバーサイドブロック会、そしてゴルフの会と今年も楽しい部会が目白押しです。
 重ねて今年は経営研究集会が南部協議会の設営担当にて開催されます。大田支部会員のフジコン株式会社 大島さんが実行委員長を務めることで既に動きだしています。大役を引き受けていただいた大島さんをしっかりとバックアップして第26回東京経営研究集会の成功を一緒に目指していこうではありませんか!まずは今年一年皆様とともに力を合わせて楽しい同友会にしていきましょう!

 以上がほんの2か月ほど前の一泊同友会でご承認をいただいた私の方針案でした。一泊同友会での大きな目的の一つであります今年度の支部活動スローガンは「100年に一度の変革の時代、全員参加で限界突破!!」となりました。参加された各企業様の思いの乗ったキーワードで渾身の一文が全員一致で決まりました。現在、新型コロナウイルス感染拡大を阻止するために緊急事態宣言が出される中にあり、経営研究集会の開催も危ぶまれ、同友会会員様の多くが会社の存続、雇用の確保に全力で取り組まれていることと思います。このような時だからこそ同友会が力を発揮するときです。副支部長の皆さん、各部会・ブロック会の部会長の皆さん、幹事の皆さん、よろしくお願いします。確かな情報を速やかに発信し有益な情報を皆で共有に努め、互いに助け合いながら「限界突破」で乗り越えていきましょう!

一般社団法人東京中小企業家同友会 大田支部長
島村 亮

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3261-7201 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.